雨飾山

7月27日から一泊で日本百名山の雨飾山に登ってきました。
台風12号が心配されるなか、なんとか雨にも降られず登頂出来ました。
今回もクラツーの登山ツアーを利用しました。
雨飾山をWikipediaで調べると
山頂は360度の展望があり、二等三角点が設置されている。
深田久彌によって日本百名山に選定された。
長野県側からは小谷温泉から、新潟県側からは雨飾温泉から、それぞれ主要な登山道がある。
また、小谷村大網からも登山道が伸びるが、前者に比べ、登山者は少ない。
なお、小谷温泉からの登路は荒菅沢奥壁となる「布団菱」を眺めながら比較的楽に登頂できるが
、雨飾温泉側からは急登が続く薬師尾根を登らねばならない。
山頂は「猫の耳」と呼ばれる双耳峰となっており、
南峰には標柱と三角点が、北峰には石仏が並ぶ。
北峰、南峰はそれほど離れておらず標高差もさしてない。

1日目は姫川源流を散策して雨飾温泉の雨飾山荘に宿泊、ここは秘湯で有名らしい
姫川源流ではバイカモ(梅花藻)が可憐に咲いていました

d0018785_09473098.jpg
d0018785_09475497.jpg
雨飾山荘の秘湯 私は入らなかった 混浴だそうです
d0018785_14154683.jpg
d0018785_09483952.jpg
d0018785_09501162.jpg
今回のルートは下図のように7km 9時間のコースタイム 午前5時出発

d0018785_09541763.jpg
日本海と糸魚川市内が見えてきた
d0018785_14190932.jpg
d0018785_14213580.jpg
登山道は高山植物が咲き乱れていました。ハクサンシャジン
d0018785_09560166.jpg

ウツボグサ(紫)シモツケソウ・ナデシコ・キバナノカワラマツバなど
d0018785_09573968.jpg
山頂の石仏
d0018785_10010094.jpg
左のピークが雨飾山、右の雪山は朝日岳
d0018785_14222937.jpg
d0018785_10020903.jpg
有名な場所、荒管沢出会 雪渓が見える
d0018785_10035057.jpg
帰りには雨飾荘で一風呂浴びて汗を流します
d0018785_10083207.jpg


[PR]
by svc_sato | 2018-07-29 10:08 | 2018年 | Comments(0)

ブログ名は「鎌倉花暦」ですが気ままな写真を載せてます!!


by svc_sato
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31